スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寝違え」のコラム・記事

kuma.jpg

最近、寝違えの患者様が多く来院されます。これは、昨年末も同じような傾向がありました。この共通点、何か気がつくことはありませんか?

実は、忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続いた翌日に、寝違えることが多いのです。これは、負担のかかった内臓の反応が、首の筋肉を緊張させるためだと言われています。

もちろん、飲酒以外の要因もあるのですが、寝違えの要因の多くは、やはり日々の生活や思考パターンの中にあるようです。下記のサイトをご参考にどうぞ!


★コラム・記事を更新しました★ 寝違えやすい性格は!? 寝違え度診断


ブログランキング





スポンサーサイト

もやしもん

hon.jpg
以前から、同期の先生方や患者様から勧められていた「漫画」がありました。普段、めったに漫画本を読む機会がないのですが、「これは絶対に読むべき!」と言われた漫画。

それは「もやしもん」!   (講談社)
ご存知の方は、多いと思いますが。

菌が見える男の子の話なのですが、登場する菌のカオ・姿が可愛らしい。
そして、とてもためになるストーリーです。しっかり読むと、知識Upです!

このような漫画を読むと「漫画家さんって、スゴイ!」と思います。
相当な知識量ですよね。
どのくらい準備期間が、かかっているのでしょうか?


…というわけで、夜のコラム連載の仕事合間に、笑いながら読んでおります!



ブログランキング


治療期間、鎮痛剤は禁止ですか?

kusuri.jpg


◆質問◆
坐骨神経痛が、とてもひどいので、整形外科で痛み止めをもらい、毎日飲んでいます。もし、カイロの治療を受ける場合は、治療期間は鎮痛剤は止めなくてはなりませんか?痛み止めをやめるのは不安です。


◆回答◆
最初に答えを述べますと、治療期間中、「痛み止めをやめなくてはならない」というわけではありません。

ただ、痛み止めを使用しないで、治療によってどのように痛みが変化するかを確認したいのですが、痛みが強く耐え難い場合は、治療と鎮痛剤を併用しても良いかと思います。

ある程度、治療が進み神経機能の改善がみられたと思われる段階で、一度痛み止めの服用をやめて、症状の変化をみさせて戴くかもしれません。


ブログランキング




ぎっくり腰で動けない場合はどうする?

20070124000943.jpg

◆質問◆
子供を抱きかかえようとしたら、腰の右側に痛みが走りました。治療に行きたくても、痛くて動くことができません。どうすればよいでしょうか。


◆回答◆
ぎっくり腰のように、急な腰の痛みでは、まずは10分間ほど、患部を冷却して下さい。炎症がある場合が多いので、1~2日間は痛みが強い可能性がありますので、その間は冷却が必要です。

①10分間冷却
②10分間アイスパックを外して休憩
③再び10分間冷却

こちらを2~3セット繰り返します。

冷やすものは、冷湿布ではなく、アイスノンやビニールに氷と少しの水を入れたものが適しています。凍傷を起こさないように、皮膚には直接つけないようにしましょう。

治療は、早いほうが改善が早いですが、動けない場合は、冷却をして少し落ち着いてからお越し下さい。


ブログランキング


uketuke.jpg

◆質問◆
治療を受けるには、予約が必要でしょうか?
◆回答◆
基本的には、ご予約の方を優先させていただいております。
事前にご予約をされた方が、お待たせしなくてすみますので、ご予定がお分かりになりましたら、お電話をいただければと思います。

また、当日のご予約をご希望の方もお問い合わせ下さい。
キャンセル待ちも可能です。

【あきカイロプラクティク治療室】
ご予約:045-945-7238


テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

症状がないと治療は受けられませんか?

massaji.jpg

◆質問◆ 
とくにこれといって、痛いところは無いのですが、そのような場合では治療は受けることができませんか?痛いところが出るまで、待っておいた方がよいでしょうか?

◆回答◆
痛みなど、症状がなくても、カイロプラクティック治療は受けることができます。カイロプラクティックは「健康増進」にも効果がありますので、受診をして、神経の機能が低下している部分を見つけ出し、発症を予防することが期待できます。

症状が出てからでは、治療に時間がかかるケースもありますので、日ごろから「メンテナンス」として、治療を受けておくと良いかと思います。

ブログランキング

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

新年のご挨拶

gasyun.jpg


新年明けまして おめでとうございます。
今年は、どのような1年になりますでしょうか?
まずは、少しでも多く笑顔で過ごせると、体の緊張も少なくなり
肩こりや心因性の腰痛予防につながると思います。

笑顔もムリにつくるのではなく、あくまでも自然に…。
しかし、お仕事や家事のストレスなど、さまざまな事情が
ありますよね。

ですから、ご自身の気持ちが楽になる要素に気付くことができれば
開放されるのかもしれませんね。

本年も「あきカイロプラクティック治療室」を皆様の健康維持に
お役立て下さい!宜しくお願い申し上げます。


プロフィール

檜垣暁子

Author:檜垣暁子
横浜市都筑区【あきカイロプラクティック治療室】副院長。国内にはまだ少ない女性カイロプラクターです。檜垣暁子のご紹介

センター南駅 国際基準治療院  あきカイロプラクティック治療室

様々な症状を訴える患者様と向き合う臨床の日々です。症状の改善策、悩みの解決策を患者様と一緒に考えています。
オールアバウトにて【肩こり・腰痛】コラム・記事連載中。
オールアバウト 肩こり・腰痛

最近の記事
仕事の疲れ予防法!
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
時計
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。